モナコGPは何がそんなにすごいのか

モナコGPは、モナコのモンテカルロ市街地をコースとして行われる、F1の世界選手権のレースの1戦で、インディ500、ル・マン24時間レースと並んで「世界3大レース」の1つで、ゆったりした街並みの中を世界最速のマシンが疾走するこの1戦は、F1全戦の中でも最も注目度の高いレースです。モナコGPは華やかな街並みに包まれ一般公道を閉鎖してレースが開催されるので、ほかのレースでは見られない優雅な雰囲気を持つのも魅力の1つなので1度は行ってみたいというファンも多いレースです。1929年に記念すべき第1回大会を開催し、第二次世界大戦前後の一部期間を除き毎年開催されており、イタリアGP、イギリスGP、ベルギーGPと並んで同じシリーズに組み込まれており、このうち同じコースで開催され続けているのはモナコGPだけです。

モナコGPのコースともしもの時の備え

モナコGPのコース1周は3.34kmと現在開催されているF1コースの中では最も距離が短く、平均速度も他と比べると最も低いです。2車線道路を使用している為、市街地コースの中で特にコースの幅が狭く直線はほとんどなく、また19のコーナーがありそのほとんどが、ガードレールに視界を遮られています。前半は豪華なホテルが立ち並ぶモンテカルロ区を上り下りし、川沿いのトンネルを通過したら、後半はヨットやクルーザーが停泊する海岸沿いを走行します。F1サーキットの中でも最も半径の小さなコーナーのフェアモント・ヘアピンですが、追い越し禁止エリアとなっていないため、無茶な運転で接触が起こりやすいです。トラブルに備えて各所にはクレーン車が配備されリタイアしたマシンを速やかに撤去する部隊が配置されていて、救急時には医師が移動できる外周路がないので、各ポストに医療チームが配置されています。

モナコGPのドライバーの運転技術のすばらしさ

モナコGPはF1世界選手権の中で最難関コースの1つとして知られていますが、その理由はコース幅が狭く、レース中は前方の車を追い抜くことがほとんど不可能です。そのため前日の予選の走りが重要なのです。接触の起きやすい環境やメカニカルトラブルが発生しやすく、優勝候補がリタイアするなど予想外の展開になることもあり、意外なチームが優勝することもあり、F1の初優勝が出やすいコースと言われています。コースは一時的に作られた手すりのため、ドライバーは落ち着きや制御力や運転の巧みさが必要となります。モナコGPでの優勝は優れたドライバーだけに与えられた名誉です。そのため観客はレースを観戦し素晴らしさを肌で感じ特別で忘れられない経験となるのです。また、史上最高のF1ドライバーはモナコGPの最高優勝回数6回の記録を持つほどの名誉あるドライバーです。

航空券はお客様自身でもご準備が可能です。 オーストラリア、モナコ、カナダ、ベルギー、イタリア、シンガポール、メキシコ、アブダビ、イギリス、ドイツ、フランス…名だたる海外F1イベントの観戦ツアーを扱っております。 F1観戦地はどこも治安が良いため、ご安心ください。 当社のF1観戦ツアー会社は最安値ですが、値段以上にツアーのクオリティにも注目してください!WORLDSPORTSTRAVELでモナコGPを要チェック